都道府県別ETCの普及率

ETC高速道路1000円の制度が可決されてからというもの、ETCをマイカーに搭載させる家庭が急増しました。

スポンサードリンク

ETCの増加件数の推移をみていくと、2009年3月には実に150万件を上回る数に及んでおり、ETC高速道路1000円制度の影響が顕著にでています。

ETC高速道路1000円制度は、全国一斉に開始されたわけではなく、一部のエリアは4月下旬にならないと、高速道路が1000円でなく通常料金になっており、そうした背景から都道府県別にETCの普及は違いが出ているのではないかという見方もされています。

ETCの普及率を、都道府県別に調べてみました。

ETCの全てのセットアップまで完了している車の台数は、東京が第1位の430万件となっています。

割引がスタートした3月の増加率を見ても、かなり高い数値です。

東京都と同じ関東地域ということでは、セットアップの数が神奈川県も多く、第4位となっています。

全国の順位は、ちなみに第2位が大阪府、第3位が愛知県でした。

人口数にも、比例しての順位になっているようですね。

ETCセットアップの普及率が低いエリアは、どの辺になるのでしょう。

西日本が、主にあまり浸透していないようで、九州は東北地方と比べても、少ない数値になっています。

件数が10万件を下回っているのは、沖縄県、宮崎県、佐賀県です。

鳥取県は、ダントツで少ない5万件強という結果でした。

原因として、県庁所在地で鳥取市は唯一高速道路が通っていないなどがあり、急いで高速道路を作っているそうです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ETCシステムの仕組み
ETC高速道路1000円の制度が、2009年3月28日からスタートしました。 E......
ETC誕生の理由
ETCは、2009年からのETC高速道路1000円制度で普及が高まりました。 E......
ETCと渋滞解消の有効性
ETCは、そもそも渋滞を解消する目的で作られました。 ETCで高速道路を利用すれ......
ETCを自動車に導入する方法
ETC高速道路1000円制度が可決されてから、ETCに人々の関心が高まりました。......
クレジットなしのETC専用カード
車載器とETCカードの準備ができたら、次にセットアップの作業に入ります。 ETC......
3通りのETC車載器のつけ方
ETC高速道路1000円制度を利用するために、車載器の説明も必要でしょう。 車載......
ETCのセットアップのやり方
ETC高速道路1000円の制度を活用するために、まずETCシステムを自動車に取り......
高速ETC専用レーンと共用レーン
ETCのセットアップが無事にできたら、ETC高速道路1000円の制度を利用するこ......
ETC高速道路1000円制度
ETCを自動車に搭載させるメリットは、ETC高速道路1000円制度がスタートして......
ETCカードの種類と利用方法
ETC高速道路1000円制度が導入されてから、ETCの利用者が増えました。 高速......
ETCレーンやETCカードの注意
ETC高速道路1000円制度のスタートを機に、ETCの利用はかなり増えました。 ......
ETCセットアップ件数と普及状況
ETC高速道路1000円制度は、2008年10月に導入が発表されましたが、それか......
ETC高速1000円導入スケジュール
ETC搭載自動車で高速道路が1000円になるという制度は、2009年3月28日か......

▲このページのトップへ